代表あいさつ

法人理念の根底に流れる思いであり、私たちの決意です。

すべての事に優先して人権は守られなければなりません。差別と虐待を許さない社会を目指した“人権文化”の確立です。障がい者福祉に携わる私たちの社会的存在意義がここにあります。法人理念を具体化するため、人権意識の徹底と人権感覚に優れたスタッフを育てていきます。私たちの決意です。

「ひなの家」は、親の会を中心に地域のご協力で立ち上げた共同作業所から10年目の平成15年10月、社会福祉法人の認可を受けて小規模通所授産施設として再スタートしました。

この間、障がい者の福祉施策は「障害者自立支援法」の施行から「障害者総合支援法」へと改正・名称変更されてきました。「施設」は「事業所」と呼ばれるようになりました。私たちにとって、まさに怒涛の10年間でした。

そして地域の中での存在は、年月とともに周囲の人たちがあるがままの姿を受け入れてくださり、それが支えとなって今日に至っています。

今では、事業内容も就労継続支援B型・生活介護・地域移動支援・短期入所(日中一時支援)を運営し、障がいを持つ方々の就労訓練、生活訓練、自立支援の場を提供しています。そして、自立生活を希望する方や病院等を退院して住まいを求める方々の声に応えて、5箇所でグループホームを運営しています。

今の時代、仕事に生産性や効率の良さ、人間の能力ばかりが求められることが多いようです。障がいを持つ人たちと共に生きる仕事は、人間と人間のぬくもりを大切にした、とても心豊かな仕事です。

ひなの家に通う仲間はとても明るいです。笑顔がいっぱいあるところです。あなたも明るい笑顔が溢れている職場で共に新しい生き方を生み出しませんか。

社会福祉法人にあっては、新たな転換の時代を迎えています。「地域が期待する」「社会に貢献する」ここに法人の任務と役割があると考えます。障がいを持つ人も、そうでない人も、老いも若きも共生できる社会づくりに貢献する社会福祉法人でありたいと思います。

そして、矜持を胸に創造性のある障がい者福祉サービスに取り組んでいく覚悟です。

理事長
原 和人

沿革

障害児・者問題何でも話す会結成
小規模作業所ひなの家開所
社会福祉法人設立準備委員会設置
社会福祉法人ひなの家設立認可・登記
知的障害者小規模通所授産施設ひなの家開所
グループホームファイト1号館開所
地域移動支援事業所ひなの家開所
グループホームファイト2号館開所
障害福祉サービス事業所ひなの家開所(生活訓練・就労継続支援B型)
知的障害者小規模通所授産施設ひなの家廃止
グループホームファイト3号館開所
障害者短期入所事業所ひなの家開所
グループホームファイト2号館移転
グループホームファイト4号館開所
生活介護事業所ひなの家開所
生活訓練事業廃止
グループホームファイト5号館開所
グループホームファイト5号館移転
生活介護事業所ひなの家移転
社会福祉法人ひなの家本部移転