コロナのお盆

福岡県内でもコロナウイルスの陽性者が増えていますが、皆さんのお住まいの地域では大丈夫でしょうか。

ひなの家では徹底的に手洗いや消毒、ソーシャルディスタンスを保ち今の所、陽性者は発生していません。

しかし、まだまだ油断はできない状況ですので引き続き、感染対策を行っている所です。

 

また、楽しみだったお盆の帰省やお出かけも今年は自粛となり、「ステイホーム」のお盆を迎えています。

長明寺でお盆のお参りをして、せめて、美味しいものは食べてもらいたいと思い、

真小豆(まさめ)ときな粉の盆団子を頂きました。

 

 

ひなの家で亡くなられたお二人の方にもお供えし、今年は例年にないお盆を迎えました。

土曜の?丑の日

今年の梅雨は過去類を見ない大雨の影響で、福岡県や熊本県、大分県では大きな被害が出ています。

被害にあわれた方へ心よりお見舞い申し上げます。

 

長かった梅雨もようやく終わりが見え、本格的な夏がやってきます。

7月25日(土)にホームの夕食は毎年恒例のウナギを提供しました。

今年ももちろん博多の名店「吉塚うなぎ」の高級かば焼きです。

普段なかなか食べることのできない名店の味に舌鼓を打ち、

これから迎える夏に向けてスタミナを付けました。

 

福岡県ではコロナウイルス感染者が日々増加しており、今年の夏はマスクを着用して、

感染症対策と熱中症対策を並行して行わなければならない、厳しい夏が予想されます。

 

日々、手洗いや消毒をしっかりと行い、元気に仕事が出来るように頑張っています。

 

 

 

 

 

 

新しい作業を頑張っています

4月20日より、地元桂川町の企業様より新しい作業を頂き、現在、5名のメンバーで頑張っています。

 

仕事の内容は、棚板を段ボールで梱包する作業です。

 

①棚板を綺麗に拭き上げる。傷がある時はテープで目印を付けます。

 

②梱包する段ボールに折り目を付けます。

 

③梱包してテープを張ります。

 

④最後にシールを張って完成です。

 

暑い倉庫の中ですが、細目に水分を摂りながら頑張っています。

作業にも少しずつ慣れてきて、皆さん楽しく作業を行っています。

 

 

西日本新聞にひなの家が掲載されました

本日(7月4日(土))の西日本新聞朝刊にひなの家の記事が掲載されています。

コロナ禍により、利用者の皆さんの仕事が無くなり工賃に影響が出ているが国や県からの支援が

十分ではなく、先行きが不安であるという内容の記事が掲載されています。

大きなカラー写真も掲載され、記事を見た方から早速パンのご注文もいただいています。

是非、ご覧ください。

 

 

 

 

情熱大陸

6月7日(日)の23:00~放送されていますTBSの情熱大陸で京都大学の塚本教授が取り上げられました。

 

塚本教授と言えば、ダチョウ卵から抗体を取り出し、マスクに付着させ感染症を防ぐ研究を行われています。

 

そのマスクと言うのが、現在ひなの家のメンバーが施設外就労で働いているクロシードで作られています。

 

放送ではクロシードで仕事をしている姿も映っていましたが、

 

ガウンに帽子をかぶりマスク姿なので、ひなの家のメンバーさんが働いている姿は確認できませんでした。

 

しかし、自分たちが働いている会社が、全国放送で取り上げられて、とてもうれしい様子でした。

 

現在、5名のメンバーが9:00~17:00まで働いています。

 

今はマスクの需要が高まり、とても忙しく働いています。

 

クロシードのみなさん、これからも頑張っていきましょう。

 

献血は愛のこもったボランティア

新型コロナウイルスの影響を受け、献血協力者の深刻な減少が続いているとのことで、ひなの家では、メンバーの有志が、総合福祉センター「ひまわりの里」で行われた献血に行きました。

夏メニュー!始めました!

桂川町の、今日の予想最高気温は28℃。

気温の上昇に反比例して低下するのが食欲です。

そこで、「食」で涼しさを感じていただこうそして、しっかり食べていただき、暑さに負けない体力をつけていただこうとの思いで、今日の昼食のメニューは、冷やしうどんいなり寿司にしました。

皆さん、美味しそうに食べられていました。

仕事に感謝!

コロナウイルスの影響で、多くの会社や事業所と同様にひなの家も仕事量が激減しています。

特に4月はパン販売も中止し、収入が落ち込んでいますが、急遽、土のう袋の仕事が入ったので、5/19(土)はONE TEAMで取り組みました。

土のう袋の原材料です。

Rネットの製品化作業も行いました。

箱詰めして完成です。

 

コロナウイルスがきっかけとなり、仕事があることは決して当たり前ではなく、ありがたいことだということを改めて認識した次第です。

業者の皆さま、いつも本当にありがとうございます。

野イチゴ

ファイト1号館を担当している副施設長が、「ポカポカ陽気なので、運動不足解消のために散歩に行きましょう!」と声掛けし、メンバーと出かけました。

途中で野イチゴを見つけ、みんなで食べてみたところ、甘酸っぱくてとても美味しかったです。

佐賀牛のスペシャル ステーキ弁当

毎年、ゴールデン・ウイーク保護者会主催バーベキュー大会を行っていましたが、昨今の状況を考慮し、やむなく中止しました。

楽しみにしていたメンバーが、がっかりしているでしょうねと、保護者会が予算を捻出してくださったので、今回は施設内にて、施設長も厨房に入り、佐賀牛のスペシャルステーキ弁当を作りました。

メンバーも、スタッフも、外出がままならず、食べることが唯一の楽しみなので(笑)、皆さん、とろけるように柔らかい、噛みしめるとジューシーで香りとうまみが口いっぱいに広がる、美味しい佐賀牛を満面の笑みで食べました。

保護者会の皆さま、本当にありがとうございました。